病院長のご挨拶|長吉総合病院(大阪市)

電話でのお問い合わせはこちら

病院紹介Introduction of hospital

病院長挨拶

病院長 綛野 進

 当院は昭和38年に故寺西純吉先生が開院され、地域後援者の寄付によって病院となりました。そして地域社会への奉仕の精神を病院設立時からの理念とし、古くから平野区の地域医療を担ってきました。私が赴任してきた1995年は、古くから住み続けておられた住民の方々と新たに流入されてきた若い世代の方々とで平野区は人口構成されていましたが、最近は急激な高齢化が目立ってきています。当院を受診する患者さんも高齢者が大半を占めるようになり、急性期から慢性期までの医療と介護の提供が当院に求められています。現在一般病床142床 地域包括ケア病床50床 療養病床141床 院内老健29床を有し、ケアミックス型の病院として地域の医療と介護に貢献しています。

 内科は消化器特に内視鏡の専門治療を中心に、リウマチ、糖尿病、高血圧、肺炎などの医療を提供し、外科も消化器外科、特に胃や大腸の手術、がん化学療法、胆石、鼠径ヘルニアなどを専門としています。整形外科では外傷、関節外科、手の外科、骨粗しょう症などの治療が行われています。小児科、眼科、皮膚科、耳鼻咽喉科、泌尿器科は外来診療を中心に地域医療に貢献しています。

 今後も地域の先生方と親密に連携を図りながら、特に地域のご高齢の患者さんの希望があればいつでも安心して入院ができる病院を目指していきたいと考えています。

長吉総合病院 病院長 綛野 進

PAGE TOP