地域医療連携・入退院センターのご案内

電話でのお問い合わせはこちら

地域医療連携・入退院センターのご案内Hospitalization Center

  • HOME
  • 地域医療連携・入退院センターのご案内

地域医療連携・入退院センターのご案内

当院では平成29年5月1日より地域包括ケア病棟を開設いたしました。地域包括ケア病棟は、高度急性期病院での急性期治療後、在宅復帰までの間、入院治療を希望される方、施設や在宅で生活しておられる方が、転倒などで入院治療が必要となった方などに、60日間を限度として、入院治療やリハビリをさせていただきます。
地域包括ケア病棟は、7対1病棟(高度急性期病院等)の施設基準で求められる「自宅等退院」の対象に含まれますので、高度急性期病院に入院中、退院を勧められるも、自信がない方やもうしばらく入院治療を希望されるかたは、ご相談ください。(TEL:06-6709-0301 内線 234~236)

業務内容

  • 1. 病診・病病連携

    • 各種検査の予約(CT・MRI・超音波検査・上下部内視鏡検査等)
    • 受診に関する問い合わせ
    • 入院受け入れに関する問い合わせ(急性期・療養)
    • 紹介・逆紹介統計資料の作成
    • 各医療機関・各施設等の資料保管
    • 地域連携促進の活動
  • 2. 医療相談

    医療に関する患者さまや家族さまのご相談に迅速に対応し、情報の提供・指導等を通じて患者さまへのサービス向上を図ることを目的として医療相談窓口を設けております。
    <通話可能な場所>

    • 病気や治療に関する疑問やご相談
    • 療養生活でのお悩み
    • 各種制度の手続きとご案内(医療費助成制度・高額医療制度・介護保険制度)
    • 認知症に関するご相談
    • その他

業務時間

月曜 ~ 金曜 9:00 ~ 16:30
土曜日 9:00 ~ 12:00

電話番号

06-6709-0301 (代表)

FAX

06-6707-8410 (地域医療直通)

地域医療連携に関する様式のダウンロード

在宅医療介護カード

※保存してから開いて編集して下さい。

画像検査共同利用について

当院では、地域全体で治療するという、地域医療包括ケアシステムの一環として、①コンピューター断層装置(CT)、 ②核磁気共鳴画像法(MRI)、 ③二重エネルギーX線吸収測定法(DXA)骨密度測定装置を、地域の先生方からの依頼で、直接ご利用いただけることとしました(患者様からのご依頼は受付できません)。検査費用は健康保険が適応されます。
地域の先生方から、直接地域医療連携室(内線234,235,236)に予約を入れていただき、必要事項をFAX送信していただければ、検査予約と検査をさせていただき、結果を報告させていただきます。
この度、大阪市立大学医学部第2内科、稲葉教授を中心に、大阪市の協力のもと、骨粗鬆症の健診システムがスタートします。その際に基本となります骨密度測定は、腰椎と股関節のDXA法ですので、どうぞご利用下さい。

PAGE TOP