電話でのお問い合わせはこちら

整形外科Orthopedics

整形外科

整形外科医師(全員、日本整形外科学会専門医)

  • 理事長
    梁瀬 義章(昭和43年 京大卒)
    専門:手の外科、関節外科、リウマチ、骨粗鬆症

  • 部長
    矢高 勉(昭和57年 徳島大卒)
    専門:リウマチ、関節外科、脊椎外科、外傷(骨折)

  • 部長
    夫 猛 (昭和58年 岐阜大卒)
    専門:脊椎外科、関節外科、骨粗鬆症、リウマチ、外傷

  • 人工関節センター長
    岡本 雄策(平成元年 岡山大卒)
    専門:人工関節(股・膝)、外傷

  • 医員
    清水 勇人(平成22年 奈良医大卒)
    専門:肩関節、超音波診断、外傷



整形外科の紹介

  • 高齢化社会となり、骨粗鬆症に伴う骨折、膝や腰などの変形に伴う疼痛や運動制限の患者様が増加しています。高齢者の活動性の低下は、個人のみならず社会的にも大きな負担・損失と考えられます。ロコモティブシンドローム、いわゆる運動器疾患は生活習慣病と同じくらい増加し、健康寿命に影響しています。当科では骨粗鬆症に伴う骨折治療、膝や股関節の人工関節手術、肩関節の内視鏡での小侵襲手術、脊椎外科でも内視鏡を用いた小侵襲手術など、患者様が安全で身体へ侵襲の少ない治療をこころがけています。リウマチ患者さんで従来の抗リウマチ薬では効果不十分な方には、バイオ製剤での治療も行っています。骨・関節の痛みや変形などでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。



当科の特色(治療・検査など)

  • 脊椎疾患

    腰椎椎間板ヘルニアには保存的治療(骨盤牽引、ブロック治療、投薬加療など)と手術的治療を行っていますが、手術的治療では最近内視鏡で観察しながら、小切開での手術も行っています。下肢がしびれたり、長く歩けないなどの腰部脊柱管狭窄症には、従来からの切開して後壁(椎弓)を切除する方法と、内視鏡での脊柱管拡大術を行っています。

  • 関節疾患

    肩関節、手関節、股関節、膝関節などの治療を行っています。手関節は橈骨遠位端骨折後の機能障害の方に、骨切り術や部分関節固定術(S.K法)などを行っています。膝関節は変形性関節症の方が多く、外来ではヒアルロン酸製剤の関節内注射や投薬加療を行っています。最近は慢性疼痛に有効な薬も数種類発売され、関注の効果もあり、従来よく行っていた比較的若年者(50~60代)の方に対する手術(骨切り術)が減っています。しかし、変形が高度で痛みのために日常生活が制限されている方には、人工関節置換術を行っています。近年、日本人用に開発された人工関節置換術の患者様も多くなり、正座が出来るため茶道の師範を続けておられる方もいます。股関節は膝ほど多くありませんが、変形が高度な方には人工関節置換術を行っています。岡本医師が人工関節センター長として、人工関節手術を積極的に行っています。

  • 手の疾患

    最近は職場環境が改善されることで労災事故が減少し、腱断裂や神経断裂の患者様が減っています。当科では手のしびれや指の細かい運動がやりにくくなる絞扼性神経障害(手根管症候群や肘部管症候群)の患者様が多く、手術前には専門家による筋電図検査で診断を確定しています。手術は外来手術か一泊入院で行っています。他に手根骨の外傷や疾患(舟状骨骨折やキーンベック病など)、母指の変形性CM関節症、指腱鞘炎(所謂ばね指やドケルバン病)などの治療を行っています。

  • 肩関節疾患

    肩関節は適切な診断・治療を行えば手術が必要になることが少ない関節です。しかし、肩関節で最も重要とされている「腱板」はレントゲン撮影だけでは評価することはできないため、治療に難渋してしまうことが多いのも事実です。当院では初診時に超音波を用いて腱板を正確に評価します。その上で関節内注射、リハビリなどの保存的治療を徹底して行っていきます。残念ながら保存的治療でも症状が改善されない患者様は手術加療となりますが、当院では侵襲の少ない関節鏡で手術を行います。(年間100件以上)また、術後の疼痛についても、当院で開発した局所麻酔用カテーテルを用いることで無痛手術も可能となっております。

  • 骨粗鬆症

    高齢者の増加に伴い、特に女性では骨密度の低下による骨粗鬆症の患者様が増加しています。わずかな外力が加わっただけで、脊椎椎体骨折や股関節近傍での大腿骨骨折、肩関節での上腕骨近位部骨折、手関節部での骨折などの患者様が増えています。統計ではこれら骨折のため寝たきりになったり、生命的予後にまで影響するといわれています。当院ではこれらの骨折に対し、保存的ないしは手術的治療を行い、早期の家庭生活復帰をしていただいています。保存的治療では骨の吸収を阻害する薬物(内服や注射)、骨形成を促し、骨密度を増加させる薬物(注射)などを用いています。骨密度も腰椎と大腿骨同時での骨密度測定器(DEXA法)で、正確な骨密度の測定を行い、血液検査(骨代謝マーカー)とともに患者様の病態に応じて薬物の選択を行っています。

横にスクロールしてご覧ください。

外来担当医

午前診 1診 梁瀬 矢高 梁瀬 梁瀬
2診 清水 八木田
(リウマチ
専門外来)
清水 岡本 交代制
3診 矢高 岡本
(人工関節)
午後診 1診
2診
夜診 1診 清水 岡本
2診 非常勤医師 非常勤医師
PAGE TOP