1.お申し込み

病院1階受付、またはお電話にてお申し込みください。
お申し込み受付時間:月曜日9:00〜16:30 / 土曜日9:00〜12:00
電話番号:06-6709-0301(代表)
※完全予約制ですので、事前のお申し込みが必要です。

2.当日お持ちいただくもの

・健康保険証
・特定健康診査受診券
・人間ドック受診票(お持ちの方)
・お薬手帳

3.その他・注意事項

健診予約日の前日午後10時以降は絶食です。お水のみ可。
お薬を飲まれている方は、ご予約時にご相談ください。
人間ドックのご案内(パンフレット)をご希望の方は、病院1階受付またはお電話にてお気軽にお申し付けください。




重要事項に関する規程の概要(健診機関)


更新情報

最終更新日 平成26年06月06日

機関情報

機関名 医療法人寺西報恩会 長吉総合病院
所在地 〒547-0016 大阪市平野区長吉長原1-2-34
電話番号 06-6709-0301(代表)
FAX番号 06-6706-4613(医事課) 06-6709-5920(用度庶務課)
健診機関番号 2715804718
窓口になるメールアドレス dock@ngh.or.jp
ホームページ http://www.ngh.or.jp/
経営主体 医療法人寺西報恩会 
開設者 理事長:梁瀬 義章(ヤナセ ヨシアキ)
健診部門の管理者 園谷 昇(ソノタニ  ノボル)
第三者評価 未実施
認定取得年月日 準備中
契約取りまとめ機関名 1 集合契約A(平成21年4月契約更新):日本人間ドック学会/日本病院会、全日本病院協会
2 集合契約B(平成20年9月契約):大阪府医師会
3 個別契約(平成26年4月契約更新):日本健康文化振興会、日本予防医学協会、医療法人厚生会

スタッフ情報 すべて常勤

医師 1名(人間ドック健診情報管理指導士、日本人間ドック学会認定医、日本医師会認定産業医、日本循環器学会認定専門医、医学博士)
看護師 1名
管理栄養士 1名
臨床検査技師 10名
上記以外の健診スタッフ 3名

施設及び設備情報

受診者に対するプライバシーの保護
個人情報保護に関する規定類
受動喫煙対策 施設内禁煙
血液検査 独自に実施
内部精度管理 実施
外部精度管理 実施
健診結果の保存や提出における標準的な電子的式の使用 1 平成20年度分の健診データ等における電子処理は厚労省研究班のフリーソフトを使用した。
2 平成20年5月に、支払代行機関である社会保険診療情報支払基金および国民保健連合会の確認試験に合格し、以降は支障なく運用してきた。
3 Zipで出力されたXML文書のスキーマチェックは、Explzhで解凍展開しOpen eXeedで検査した。検査の合格後は、再びZipに圧縮格納し、暗号化して支払代行機関に請求し決済できた。
4 特定健康診査+人間ドックの組合せも、同様の電子情報で請求し決済できた。

1 平成21年度以降は、国立保健医療科学院が提供するフリーソフトを使用する。支払代行機関、保険者情報、検査方法、基準値等の情報は移植した。
2 バックアップソフトとしてケーアイエス(株)のCHECK-UPS(フリー版)を用意している。
3 XML文書のスキーマチェックは、昨年度と同様の方法で行う。
4 電子情報は院内の個人情報保護推進委員会の規則に基づいて、自機関で処理、管理、保存する。


その他 ・平成25年度は、特定健康診査の件数は442件であった。
・受診者への報告書は、受診日から概ね1週間前後で郵送にて発送する。
・パニックデータと判断する場合は、受診者に緊急に連絡する。
運営に関する情報 ・特定健康診査(午前):火曜日、木曜日、金曜日(AM:9:00-AM11:30) ※予約制
・診療部門とは別のフロアーで施行している。
・特定保健指導(午後)火曜日、木曜日、金曜日(PM2:00-PM3:30)
・診療部門とは別のフロアーで施行している。
特定健康診査の単価(集合契約A) 基本健診:6500円(税抜)
特定健診・詳細項目の単価
(集合契約A)
・貧血検査:220円(税抜)
・心電図検査:1300円(税抜)
・眼底検査:1120円(税抜)
特定健康診査の単価
(集合契約B)
・基本健診:7808円(税込)
・貧血検査:226円(税込)
・心電図検査:1404円(税込)
・眼底検査:1987円(税込)
受診券に対する解釈「集合契約(A・B)」と両方が記載された受診券について 受診券に「集合契約(A・B)」の両方記載がある場合は価格の安い契約金額を選択。
健康診断の実施形態 ・施設型
・完全予約制
・予約は医事課:呑谷(ノミタニ)まで
・予約の問い合わせはAM9:00−PM4:30
巡回型健診の実施形態 巡回はしません
救急時の応急態勢 ・あり
・AED設置
・緊急時は、院内連絡態勢は病院と直結
苦情に対する対応態勢 ・あり
・用度庶務課長が窓口
・病院内に人権啓発委員会及び個人情報保護推進委員会を設置


ページトップへ戻る